看護師のステップアップやキャリアアップのための転職を考えるサイト。看護師の求人に関する情報。

看護師の転職と求人について

転職する上での注意点

看護師になって、勿論同じ病院で定年まで働く人もいるでしょう。

ですが、中には色々な場所で色々な病院先で色々な人に出会いたいと思い転職する人もいます。一体転職する上で注意点はどのような事があるのでしょうか。

看護師の中には転職する事で、色々な病院で実務経験を積む事でキャリアアップに繋げている人もいますが、実は短期間の間に何度も転職をするのはイメージダウンになります。実は、最初転職する際に履歴書を提出しますが、そこには今まで働いた場所などを書きます。

その際に、短期間で色々な場所で働いていると言う事は、その人自身に問題があるのではないかと思ってしまう人もいます。短期間で色々な場所で働けば、何故長続きしていないのかと疑問を抱きますよね。面接官も同じ疑問を抱きます。

同じ職場に長く働けないと言う事は、本人に問題があるのではないかと思う訳です。特に看護師はとても過酷なスケジュールです。そして人間関係で悩む看護師も多く、それらに対応出来ずに転職していると思われてしまうからです。

ですので、転職をする際は出来れば3年以上同じ職場で勤続経験をしておくと良いでしょう。実は3年以上勤続していると言う事は、看護師として色々なポジションを経験している事になります。転職先も、短期間でしか働けない看護師よりある、同じ病院などで数年以上働いていたと言う実績があれば、自分の病院に転職してきてもすぐには辞めないと言う安心感がありますよね。

そして、転職する際、余裕を持って転職をする事が大切です

一ヶ月前に退職願を出す

看護師の仕事は人様の命を預かっています。ですので、出来るだけ余裕を持って転職をしましょう。転職をする際、引き継ぎなどを十分に行う必要もあります。

また、病院によっては退職する何ヶ月前までに退職願いを届けなければいけないなどの決まりもあります。勿論、病院は人様の命を預かっています。

余儀なく退職の時期も延期される事も視野にいれておきましょう。何より、円満な退職をする事がとても大切になります。 そして、転職する際に自分の目でしっかりと情報収集をおこないましょう。何でもかんでも求人情報に書かれている内容を鵜呑みにするのではなく、自分の目でしっかり確認する事が大切です。

これは、転職してみて、求人広告の内容と異なっていたと言う事がない為にもとても大切な事です。転職してから後悔しないように、転職する前に自分の目で、一体どんな病院なのか、また雰囲気を確認しましょう。

転職と求人のこと

注目コンテンツ

転職するときには必ず面接があります!
キャリアアップやステップアップのために
退職するときに必要な手続きについて

看護師のこと