看護師のステップアップやキャリアアップのための転職を考えるサイト。看護師の求人に関する情報。

看護師の転職と求人について

看護師の退職手続きの流れ

看護師として働き、転職が決まった後

今まで働いていた職場にお別れを告げなければいけません。

出来ればスムーズに退職手続きを心がけたいですよね。看護師の退職の手続きの流れはどのようになっているのでしょうか。

まずは、退職する旨を伝えます。民法では2週間以上前に退職の申請を出せば良いと言われていますが、殆どの場合それ以上に申し出る事が望ましいと言えるでしょう。特に看護師の仕事は、命の現場にいるのでなるべく早めに、遅くても3ヶ月以上前に退職の意志を伝えるようにしましょう。

そして退職理由ですが、正直に話すのが良いでしょう。

特に次の転職先が決まっている場合、転職先での入職日などもあるので正直に話しましょう。また中には引き止められる事もあると言う事も理解しておきましょう。

勤務体勢や給料などの改善を提示してくる場合もあります。勿論、改善されると言ってもそれが本当に保証されるとはいえません。

ですので、引き止められた場合はしっかりと見極めるようにしましょう。

また、退職する事は、直属の上司に伝えるようにしましょう。間違っても同僚などに話したりするのは辞めましょう。トラブルの原因になります。

また、職場の不満を言ったりする事も良くありません。退職までの間、毎日職場で顔を会わせなければいけないと言う事を頭の片隅にいれておきましょう。

そして、退職する意志を伝え、退職の了承を得たら、今度は退職の日を決めます。引き継ぎなどがあるので、上司と退職の日を相談しながら決めましょう。

また、既に転職先が決まっている場合は、希望の退職日を伝えましょう。

退職するまでの間、同僚への引き継ぎを行います

引き継ぎは退職する2週間前までに

引き継ぎの際には、後任の人が理解出来るように分かりやすく説明をするようにしましょう。

また、何かあった時の為に、退職後の連絡先も伝えておくと良いですよね。

そして、退職するにあたって、返却する物があります。

例えば、ユニフォームや更衣室のロッカーの鍵、健康保険被保険者証などです。

勿論、反対に職場から受け取る物もあります。例えば年金手帳や、源泉徴収票などです。

これらは退職する際に手続きが必要になるので事前に確認をしておきましょう。

また、返却するもの、受け取る物は退職日までに上司に確認をしておきましょう。

色々あった職場でも退職する時は笑顔で去りたいですよね。

退職する事は悪い事ではなく、新たな出発点でもあります。スムーズに退職する事で、職場に残る人にも良い印象を与えます。

是非、笑顔で退職するように心がけましょう。

おすすめLINK⇒職場を円満退職するポイントとNG行為

転職と求人のこと

注目コンテンツ

転職するときには必ず面接があります!
キャリアアップやステップアップのために
退職するときに必要な手続きについて

看護師のこと