看護師のステップアップやキャリアアップのための転職を考えるサイト。看護師の求人に関する情報。

看護師の転職と求人について

有料老人ホームで働くメリット、デメリット

看護師が転職する際に幾つか転職先の候補がありますが

その中に最近急激に増えている有料老人ホーム等の介護施設での仕事があります。

病院での勤務に比べて看護師の仕事は過酷ではないと言われている有料老人ホーム、看護師にとって有料老人ホームで働くメリット、デメリットは何があるのでしょうか。

まずは、有料老人ホームとはどんな施設なのでしょうか。

有料老人ホームは、老人福祉法に定められている施設の一つであり、日常生活を見守りながらサポートする役割があります。

また有料老人ホームには3種類の形式があります。「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」です。種類によってそれぞれ受けるサービスも異なり、利用者自身の体、また介護度によって選ぶ老人先も変わると言う事です。

では、老人ホームでの看護師の役割とは一体何でしょうか。

病棟勤務では、看護師の役割は主に患者に対しての世話、そして医療行為を行いますが、老人ホームの場合は勿論、看護師が行える医療行為は勿論の事、看護師の他にも介護職員、また医師などもいます。

介護職員や医師などと連携して看護師も介護職員と同様に食事介助や入浴介助、また排泄介助などを行う場合もあると言う事です。

老人ホームで働くメリットは何?

病棟勤務とは違って夜勤や残業が少ない

また医療行為が少ない事が挙げられます。

勿論、有料老人ホームによっては、夜勤や残業が多少ある場合もありますが、病棟勤務のような過酷なスケジュールはあまり組まれていないと言う事です。時間に多少融通が効くと言う訳です。

ですので、家事と育児との両立も上手に出来るので、特に出産後に老人ホームへ転職する看護師は増えていると言われています。

また、あまり医療行為も少なく、患者を扱う仕事ではないので、精神的、また肉体的に疲れる仕事ではないと言う事になります。

では、反対にデメリットは何があるのでしょうか。

実は有料老人ホームはパート中心であると言う事です。ですので、病棟勤務に比べて収入が減ると言う事、また、医師も常駐している施設も少ない為、仮に何かあった時に看護婦が対応をしなければいけない場合もあると言う事です。

勿論、中にはオンコール制度がある施設もあるので、休日や夜勤にも出て勤務しなければいけないデメリットもあります。

また、看護師以外にも介護職人もいる為、人間関係にも様々な事が起こりうる事があります。 このように転職して有料老人ホームで働く場合は、メリットもデメリットもあると言う事を踏まえておく必要があります。

転職と求人のこと

注目コンテンツ

転職するときには必ず面接があります!
キャリアアップやステップアップのために
退職するときに必要な手続きについて

看護師のこと