看護師のステップアップやキャリアアップのための転職を考えるサイト。看護師の求人に関する情報。

看護師の転職と求人について

看護師になるには?

看護師はいつでもどこでも働ける

看護師になると言う事は、結婚しても、出産してもまた引っ越しして違う土地に行っても仕事が出来る職業と言えます。

看護師は厚生大臣の免許を取得し診療のサポートをする者を言います。

また看護師の他にも准看護師もあり、これは都道府県知事の免許を取得し、医師や看護師からの指示を受けて診療のサポートをする者を言います。

看護師は医師の指示なしでも業務を行えますが、准看護師は医師の指示がなければ業務が行えません。

では、看護師になるにはどうしたら良いのでしょうか。

高校卒業、又は中等の教育学校を卒業してから、看護師になる場合は、看護師育成所、またが看護大学、看護短期大学を卒業し国家試験に合格しなければ看護師にはなれません。また、中には准看護師から看護師になる人もいるでしょう。准看護師から看護師になる場合は、准看護師として3年以上の実務経験があり、その後、看護師育成所、又は看護短期大学を卒業して国家試験に合格すれば看護師になれます。

では、看護師試験の合格率はどれ位なのでしょうか。実は看護師試験は高い確率で合格すると言われています。勿論、学校に行き、様々な事を学び、また実習してこその合格です。高い確率での合格ですが勉強してこその合格だと思って下さい。

そして看護師試験ですが、現在は一日がかりでの試験となっています。看護学は勿論の事、その他の制度も理解しておかなければいけません。

また、看護師になった後は

・何年かの実務経験があれば、違う病院や施設などに転職する事も可能

勿論、中には看護師になった後もキャリアアップの為に更に資格を取る事が出来ます。 例えば、認定看護師です。これは自分が興味を持った分野でのスキルと高度を更に磨く事が出来ます。勿論資格取得には費用も時間もかかりますが、看護師として働いていく中で自分が好きな分野があれば、それに対して追求したいと思った人にお勧めの資格と言えるでしょう。

また、認定看護師の他にも専門看護師と呼ばれる専門看護分野において高い知識、そして技術を深める事が出来ます。勿論、専門看護師も費用と時間がかかりますが、専門看護師の数はまだまだ全国でも少ないと言われています。どこの病院でも専門看護師の資格を持っている看護師は欲しいと言われているので、専門看護師の資格があれば、更に転職にも有利と言えるでしょう。 このように看護師になる為には看護学校を卒業してその後、国家試験に合格しなければいけないと言う事です。また、合格してからも日々勉強していかなえればいけないと言う事です。

おすすめLINK⇒看護資格を取得できる大学偏差値.com

転職と求人のこと

注目コンテンツ

転職するときには必ず面接があります!
キャリアアップやステップアップのために
退職するときに必要な手続きについて

看護師のこと