看護師のステップアップやキャリアアップのための転職を考えるサイト。看護師の求人に関する情報。

看護師の転職と求人について

看護師の転職先は

看護師が転職をすると考えた場合

次の転職先は病院と考えてしまう看護師が殆どですが、必ずしも病院で働かなければいけない訳ではありません。

病院以外でも看護師が働ける場所は沢山あります。

看護師という資格を存分に活かして色々な場所でも働きたいですよね。

また色々な転職先があると言う事は視野も広がると言う事になります。では、病院以外で一体どんな転職先があるのでしょうか。

まずは、一般企業の各種医療機器メーカーや製薬メーカーです。実は一般企業に転職する事によって、メリットは沢山あります。

まずは看護師として勤務している時は難しかった週休2日土日休みです。また、仕事は日勤のみになります。

中には患者と関わりたいと思う人もいるでしょう。勿論、患者との関わりも職種によってはあります。

デメリットをあげるのであれば、患者と毎日触れ合いたいと思っている看護師にとっては少々物足りない事を感じますが、中には週の何日かは病院で働く事もあるので、看護師として病院でのスキルアップも繋がります。

そして、次に教育関連への転職です。

例えば、小学校や中学校など医務室や救護室での仕事です。教育現場で働くのであれば教師資格や保育士資格などが必要なのではと思うかもしれませんが、実は必要ありません。

教育関連で働くメリットは、夜勤もなく日曜祭日はお休みと言う事です。また患者と触れ合う事はありませんが、子供達と触れ合う事が出来ます。

また、子供達の精神的な看護も出来、やりがいのある仕事と言っても良いでしょう。

では、反対にデメリットは何があるのでしょうか。実は、患者と触れ合う事がないので、看護師として物足りないと感じる事はあるでしょう。

また、環境の変化などで子供達の体調の変化も日々変わってきていると言う事です。その時に対応を迫られる事があると言う事です。

高齢者施設への転職もあります

日本は高齢化社会が進んでおり現在高齢者施設も多く存在しております。ですので、看護師が必要な施設も多数存在すると言う事です。

高齢者施設で働くメリットは、病院と違い日常的なケアが出来ない場合にお手伝いをする事になるので、肉体的にも精神的にもあまり疲れないと言う事です。

また、高齢者の心のケアも仕事の一つになるので、高齢者とのコミュニケーションも増えますよね。

高齢者とお話する事で知らなかった事も得る事も出来るでしょう。

では、反対にデメリットは何があるのでしょうか。

それは、高齢者施設では正社員をあまり雇っていないと言う事です。殆どがパートになります。

給料面を考えた時に病院で働くよりは収入が得られないと言う事になります。

このように、看護師の資格さえあれば、一般企業や教育関連、また高齢者施設などで働く事が出来ると言う事です。

看護師におすすめ通信制大学